平成30年9月30日までの1年間に初版が刊行された新鋭・気鋭の作家の小説を対象とした第35回「織田作之助賞」の受賞作が決まった。

『その話は今日はやめておきましょう』 (毎日新聞出版)の井上 荒野(いのうえ あれの)氏。定年を迎えた夫婦が交通事故により、人生が変わるさまを描いている。
その話は

inoue_areno