生の音楽に触れる機会が少ないへき地の小規模小中学校に通う子どもたちにプロの演奏家が生の演奏を届ける「あすなろコンサート」で、演奏家の活動費などをまかなうため、同コンサート実行委員会がクラウドファンディングを募っている。

演奏家はボランティアでこの活動を続けているが、遠隔地への移動や宿泊のための費用が必要。これまでは自ら準備した資金や、寄せられた善意と財団などからの助成金で運営してきたが、2015年から助成団体の都合により助成額が大幅に減少しているという。

そのため、年間100校以上から応募をもらっているが、実際に訪問できるのは年に数校程度となっていた。
asunaro