大阪市は「第33回織田作之助賞」の候補作品について、作家、評論家、ジャーナリスト、文芸関係者などからの推薦を受け、最終候補として5作品を決定しました。

平成27年11月1日から平成28年10月31日までの1年間に初版が刊行された新鋭・気鋭の作家の小説を対象としました。


受賞作品は、平成28年12月14日(水曜日)15時から行う最終選考会で決定し、同日17時30分から毎日文化センター・大阪で記者会見を行います。


関連リンク
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/keizaisenryaku/0000381399.html

 

第33回織田作之助賞最終候補作品
著者名(50音順)  書名  出版社 
 木内昇(きうち のぼり) 『よこまち余話』 中央公論新社
 桜木紫乃(さくらぎ しの) 『裸の華』 集英社
 崔実(チェ・シル) 『ジニのパズル』 講談社

 津原泰水(つはら やすみ)

 『ヒッキーヒッキーシェイク』 幻冬舎
 綿矢りさ(わたや りさ) 『手のひらの京』 新潮社