大阪市交通局は、梅田駅・なんば駅・天王寺駅の「ekimo」に続く、新たな駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」を市営地下鉄御堂筋線新大阪駅で3月30日(水曜日)に開業する。
    「新なにわ大食堂」には、飲食店、食物販店など食関連の11店舗が出店し、駅ナカ初出店の店舗や新ブランドでの出店となる店舗もある。
syokudo

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kotsu/0000340457.html
1 施設デザイン

    全国からお客さまをお迎えする玄関口である新大阪駅に立地することから、大阪の街を感じていただく「町屋」や「川面」を、自然素材を用いて現代的に表現し、駅のコンコースでありながらもスタイリッシュで居心地のよい駅ナカ空間としました。
    天井の木製ルーバーは、大阪の“商家の格子窓”をイメージして府内産の間伐材を使用し、水都大阪らしい川面を石とガラスのモザイクタイルや曲線の店舗区画で表現しました。また、北側通路壁面には新大阪駅から北に臨む北摂方面の“山々の緑“を表現した「Character Wall」を設置することで、コンコースを歩いていただきながら自然を感じる空間デザインとしました。

2 施設概要

施設概要

所在地
(アクセス)

大阪市淀川区西中島5丁目15番5号
大阪市営地下鉄 御堂筋線新大阪駅 北改札コンコース

乗降客数

1日あたり約13万人(平成26年度実績)

店舗面積

770平方メートル

店舗数

11店舗

想定売上

年商15億円

定休日

なし

運営管理者

株式会社京阪ザ・ストア

 

    新なにわ大食堂 店舗配置図(北改札コンコース)


3 施設名称・施設ロゴ

【施設名称】
    駅コンコースをオープンな「大食堂」に見立て、食に関する様々なジャンルのお店が軒を連ねる、“新しい”駅ナカ商業施設を「新なにわ大食堂」と名付けました。
    “ほんまもん”志向の大阪人も納得する素材や味、コストパフォーマンスなどにとことんこだわり、大阪を中心とした関西の繁盛店が勢ぞろいします。
    旅行や出張で大阪にお越しのお客さまが道中の思い出づくりにフラッと、近隣にお勤めの方々や地元にお住まいの方々が仕事帰りなどに“わいわい、がやがや”と集い、様々なフードを食べて楽しめる空間をめざします。

【施設ロゴ】
    食を象徴する「お皿」の中に、「お箸・フォーク・ナイフ・スプーン」をあしらい、“おいしいもの”を表す大阪弁の「うまいもん(UMAIMON)」と大阪市の市花である“桜”の花びらを組み合わせ、大阪らしさを表現したロゴとしました。