アーカイブ:2013年08月

大阪市の環境職員、酒気帯び運転で懲戒と器物損壊容疑で逮捕

大阪市は環境局の職員2人の懲戒処分と不祥事を発表した。中部環境事業センター(出張所)の技能職員(42歳)は月6日午前0時頃、飲酒検問により当該職員の呼気から基準値以上のアルコールが検出され、酒気帯び運転の容疑で検挙された。停職1年の懲戒処分。環境局北部環境事業

大阪市交通局は、痴漢撲滅のため、大阪府警察本部地域部鉄道警察隊と合同で平成25年9月2日(月)から9月11日(水)の間「列車内チカン追放キャンペーン」を実施し、初日の9月2日には、市営地下鉄主要駅で啓発用ポケットティッシュの配布を行う。この取組みは、平成7年度から

ヤフオクで大阪市の市バス入札、ベンツバスは予定価格の25倍の380万円

大阪市交通局はヤフー株式会社が運営する「官公庁オークション(公有財産売却)」に、大阪市営バスで使用していた大・中型の天然ガスノンステップバス車両15両と小型ノンステップバス車両(赤バス:メルセデス・ベンツ製)12両の計27両を出品していたが、8月28日(水)に入札

大阪市交通局は市民を対象にした「市営交通事業の民営化についての意見交換会」の日程を公表した。民営化に向け、地下鉄及びバス事業の「民営化基本プラン(案)」を策定し、市議会で議論されているが、市民や利用者の意見も聞き、民営化の検討を行う。日時・会場9月7日(土

大阪市が違法貸しルームで2件に是正指導

違法ハウスの事例(国土交通省)↑大阪市は多人数の居住実態がありながら防火関係規定などの建築基準法違反の疑いのある建築物(違法貸しルーム)について、情報受付窓口を設置し、情報を受付てるが、立入調査を実施した結果、2件で建築基準法等に適合しないことが明らかにな

↑このページのトップヘ