アーカイブ:2011年06月

 大阪市は、低炭素社会の構築に向けて家庭からの温室効果ガス排出量を削減し、環境未来型のライフスタイルを創造するため、毎日の消費電力量とCO2排出量、電気料金をリアルタイムで確認できる「見える化機器」(省エネナビ)の家庭への貸出を行う。  「見える化機器」を

 大阪市交通局は、痴漢行為撲滅のため、7月4日(月)から10日(日)を「痴漢追放強化週間」とし、7月4日(月)に主要地下鉄駅で、大阪府警察本部地域部 鉄道警察隊の協力を得て「痴漢追放キャンペーン」を行う。 キャンペーは平成7年度から毎年実施し、今年で17年目。痴漢

 大阪市は、東日本大震災で被災した人への支援の一環として、市内の市営住宅等に避難している被災者に、身近な移動手段に活用してもらおうと6月28日から希望する世帯に対し放置自転車30台を提供する。  今回の提供は、避難している人の相談窓口となっている各区社会福祉

大阪市と京阪電車が夏のキャンペーン実施

 大阪市交通局と京阪電鉄は旅客誘致企画「OSAKA+KYOTO すてきつなげて」キャンペーンを7月1日から同24日まで展開する。  両者は淀屋橋駅をはじめ多数の接続駅があり、改札間の距離も近くスムーズに乗り換えできることなどから、相互利用の促進を目指し、昨年12月から

 民間での活用が期待されていた大阪市の施設「もとふれあい港館」(大阪市住之江区)について、一般競争入札の結果、学校法人上田学園が落札者に決定した。 大阪市では、民間事業者の創意工夫やノウハウを活用、まちの魅力向上、活性化に資することを期待し、一般競争入札

↑このページのトップヘ