アーカイブ:2011年03月

 大阪府は東北地方太平洋沖地震で被災し、現在、避難生活をしている児童をホームステイで受け入れてもらえる家庭を募集している。対象は、原則として18歳未満で、小、中、高等学校等及び専修学校、各種学校に就学している児童。  募集の条件は大阪府内の家庭で、責任を持

大阪市は被災者に対し3月15日から市営住宅入居の受付を開始して以来、750件余問合せを受け、月28日までに10世帯が入居、他に88世帯が申込済みとなっている。  問い合わせ、申し込みに早急に応えていくため、空家の補修・クリーニングの内容を簡易なものとし、早急に入居

 大阪市は、福島県からの要請を受け、福島県原子力発電所事故に伴う避難住に対する放射線被ばく量測定活動支援のため、大阪府・大阪市・堺市合同チーム(計3名)の一員として、本市放射線技師1名を福島県に派遣する。 現地で各避難所を巡回し、避難住民の放射線被ばく量の

 大阪市水道局が販売しているオリジナル水「ほんまや」が東北地方太平洋沖地震の被災地に向け、これまで4万5千本以上が搬送された。同局では従来のピンクのラベルの品を被災地向けに振り分けた。  このため、3月16日からは「水都ほんまや」の名前でピンクのラベルの「ほ

 東北地方太平洋沖地震に伴う大阪市の支援状況は26日、義援金総額が1億9,539万7,911円、避難所における被災地からの避難者受入人数は10戸-29名が契約済。  無償提供の民間住宅等の募集及び被災者への情報提供としては、問合せ221件に対し、提供住宅は18戸、入居希望者

↑このページのトップヘ