アーカイブ:2010年12月

大阪検定に鉄道と大阪城の新テーマ登場

 大阪商工会議所(大阪検定 検定委員長=錢高一善・大阪商工会議所都市再生委員長)の発表によると、MSN産経ニュースの記事のほか、受験者が問題を読みやすいよう、3級の問題では難読漢字にルビをふることや、書店での受験申込受付の開始、従来のインターネット、郵送に

 大阪市は急激な円高など中小企業を取り巻く経営環境は依然厳しいため、臨時に12月29日(水)に認定業務や相談業務を、翌12月30日(木)は電話による相談業務を実施する。 「景気対応緊急融資」は厳しい経営環境にある市内中小企業への資金支援として、平成22年2月15日(月)から

  大阪市立総合医療センターは18日、子どもの不整脈及び先天性心疾患関連の不整脈症例の治療を専門とする小児不整脈科で、生後6か月の乳児の重症頻拍(先天性接合部頻拍)の根治治療に成功したと発表した。乳児期治療成功例は国内では報告がないという。    治療を受け

 大阪市は港湾局職員(38歳)が、12月17日に市内パチンコ店において窃盗容疑で逮捕されたと発表した。それによると、平野区長吉のパチンコ店でパチンコ中、近くでパチンコをしていた人のカバンを置き引きし、一旦パチンコ店を出て現金数万円を抜き取り、カバンを捨てた後、

 大阪市は16日、住吉区の老人福祉施設や福祉施設計4カ所でノロウイルスによる食中毒が発生したと発表した。発症者は施設利用者や職員45人でうち30人が医療機関で受診したが、快方に向かっているという。下痢や嘔吐、発熱などの症状があった。 市が調査したところ、施設内

↑このページのトップヘ