大阪市の平松市長はポスターコレクションの寄贈について「寄託を受けることになりますポスターコレクションを近代美術館のコレクションと合わせることで、世界でも屈指のデザインコレクションになるわけですが、こういったコレクションを活用することで、デザイン産業の振興にも、つなげていきたい」と9月の記者会見で話していた。

 さらに周辺地域の活性化策として「天保山・築港地区は、海と都心をつなぐ、『海の御堂筋』の玄関口にも位置しております。今回のサントリーミュージアムの寄贈をきっかけに、より一層の観光集客、文化振興という地域の活性化を図っていこうと思っております。そのために、民間活力の導入も視野に入れて、客船ターミナル、あるいは海遊館、マーケットプレイスなどを含めた地区全体の活性化計画、これを策定していきたい」と表明している。
関連資料
サントリーホールディングス株式会社から、サントリーミュージアム〔天保山〕の建物等の寄付と、所有するコレクションの寄託を受けます


トピックス
肝腎同時移植予定の患者が死亡 阪大病院(asahi.com)
20万円奪い逃走、切りつけられた店長重傷(産経ニュース)
大阪市:子供3千人、無保険1カ月半 交付条件に親の来庁(毎日jp)